腱鞘炎(ばね指・ドケルバン病)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きると指が痛くて曲げづらい
  • 子供を抱っこすると手首が痛い
  • 食事中にお茶碗や箸を持つと手首が痛い
  • 指先を使う事が多い
  • 手や指を使った後に、その部分が痛む

腱鞘炎とは?|メディカルブルー整骨院

腱鞘炎について、説明する前に「腱」や「腱鞘」についてご紹介します。

「腱」とは、骨と筋肉をつなぐ組織で、「腱鞘(けんしょう)」というトンネルの中を滑走しています。

筋肉が発揮した力を手足の先端まで伝える重要な役割を担っています。

「腱鞘」とは、腱を鞘(さや)のように包み保護し、その中にある滑液が腱の動きを滑らかにするという役割を担っています。

腱鞘炎は、「腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こして分厚くなってしまい、「腱」が滑らかに動けなくなってしまった状態を指します。

腱鞘炎は、ホルモン変化が関係しているため女性に多く、特に20~30歳代と50歳前後に多くみられます。

腱鞘炎の原因とは?|メディカルブルー整骨院

同じ動作を繰り返すことで、腱と腱鞘の間に摩擦が起き、炎症症状が生じます。

また、関節リウマチや糖尿病などが原因で血の流れが悪くなったり、妊娠中や出産後、更年期などにホルモンバランスが崩れる事が原因で腱鞘炎が発症する事もあるので注意が必要です。

腱鞘炎は、手首が主な発症部位でしたが、パソコンやスマートフォンの普及により、親指などの指先に発症する事も増えてきています。

腱鞘炎に含まれる代表的な疾患の種類として、「ばね指」や「ドケルバン病」などの疾患が挙げられます。

ばね指(弾発指)|メディカルブルー整骨院

ばね指は、手の使い過ぎが原因で起こる「指の腱鞘炎」です。

指は腱によって曲げたり伸ばしたりすることができます。

手の指には「屈筋腱(くっきんけん)」と「靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)」があり、腱が靱帯性腱鞘の中を往復するように動くことで指が動く仕組みになっています。

また、この腱鞘には腱が浮き上がらないようにするベルトのような役割も担っていて、指を滑らかに動かせるようになっています。

しかし、この腱鞘に炎症が起きると、腱鞘が腫れて分厚くなってしまい、腱の通り道が狭くなってしまい、腱と腱鞘が摩擦を起こします。

摩擦を起こすと、腱鞘だけでなく、「腱」の一部にも炎症が起き肥大化します。

肥大化した腱が腱鞘内(トンネルの中)を移動する際に引っかかるため動きが妨げられ、指が曲がったまま伸ばしにくいという状態になります。

曲がった指を伸ばそうとしたり、指を動かした際に肥大した腱の引っかかりが腱鞘を通る際にうまく通れずに「カクン」とばねのような動きをします。

これを「ばね症状」といいます。

最初は軽い痛みや違和感だけで、安静にしていれば回復することが多いです。

しかし、症状が進行してくると、次第に激しい痛みや「ばね現象」が現れるようになり、重症化すると指が全く動かなくなることがあるため早めの対処が必要です。

どの指でも発症する可能性がありますが、特に親指や中指に多く見られます。

起床時に症状が強く、手を使っているうちに症状が改善するのが特徴です。

腱鞘に炎症が起きる原因は、指の使い過ぎです。

妊娠・出産・更年期などによるホルモンバランスの変化やゴルフ・テニスなどのスポーツ、ピアノなどで手を使うことが多い楽器、パソコン、スマートフォン作業などがあげられます。

ホルモンバランスの変化は女性では避けて通れないものであり、年齢とともに女性ホルモンの分泌が低下すると、筋力や骨密度まで低下し、腱や腱鞘も脆く傷みやすくなるため「ばね指」の発症確率も高くなります。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病とは、「短母指伸筋腱」「長母指外転筋」という親指と手首をつないでいるを2本の腱とこの2本の腱が通る「腱鞘」が炎症を起こし、手首に痛みを出す「腱鞘炎」です。

親指に負荷をかけすぎると、親指を伸ばす「短母指伸筋腱」と広げる「長母指外転筋腱」が腱鞘と擦れて摩擦を起こし、炎症を起こしてしまします。

炎症すると腫れてしまい、腱は太く、腱鞘は厚くなります。

こうなってしまうと、腱か腱鞘を移動するたび(指を動かすたび)に手首に痛みが出てしまいます。

使い過ぎの原因は、スマートフォンやパソコン(マウス・キーボード)を長時間使用する、ゲーム(コントローラー)で親指を使う、美容師・調理師など手や手首をよく使う、ピアノ、テニス、ゴルフなど手を使う楽器や競技、があげられます。

バネ指と似ていますが、ドケルバン病は手首の親指側や親指に腫れや痛みがでます。

症状としては、親指を反らしたり、広げたり動かすなどで強い痛みが出てきます。

また、アイヒホッフテスト(フィンケルシュタインテスト)が陽性になると、ドケルバン病の可能性が高いです。

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院での腱鞘炎の施術方針|メディカルブルー整骨院

病院では、バネ指やドケルバン病などの腱鞘炎は、安静や投薬、ステロイド注射などの保存療法が行われます。

動きを制限する事が大切なので、そのために装具で固定したり、貼り薬や塗り薬を用いることも多いです。

症状が改善されない場合は、腱鞘の鞘を開く外科手術を行う場合もあります。

腱鞘炎は、主に指や手の使い過ぎが原因で起こりますがその要因は様々です。

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院では患者様の生活スタイルや仕事内容などをもとに炎症を起こしている原因を追究し、炎症を起こしにくい体の使い方やケアの仕方などをお伝えしていきます。

また、腱鞘炎の原因には筋力の低下もあります。

徒手や電気療法だけではなく、家でも簡単に取り決めるようなトレーニングやストレッチなどもご提案させていただきます。

お問い合わせ

  • LINE

TEL

  • TEL TEL
  • 住所

    〒240-0013
    横浜市保土ヶ谷区帷子町2-69

    アクセス

    JR横須賀線
    【保土ヶ谷駅】西口より徒歩3分!

    アクセスマップはこちら
診療時間